カテゴリ:2008年( 2 )

2008.9.5(fri) 多忙

c0005007_1264579.jpg8/2(土)に第9回《いつ誰》開催!・・・初回からもう5年目になるでしょうか。早いもので次回は第10回となりますだ。当初数回続けられたらいいなーなんて言っていたのに、回を増す毎に皆さんに協力頂いて、ホントにありがたい事ですだ(:ω;)
何となく、10回の節目までは私が頭で頑張らないとという気がしてるんすね。その後は色々と話合ってどなたかに引き継いで頂けたら嬉しいかなー・・・とちょっと思ったりしてる。さすがに限界が来てるのかもしれなひ。肉体的に(笑)と言いつつやっちゃうのかなぁ・・・

今回はかなり厳しかった。詳細は《いつ誰》BBSに書いたので省きますが、ともかくここ数年、身体が動かなくてヤバいかも、と思った事は初めて。今まで風邪で38度の熱&生理のダブルパンチで朝起きたら声がガラガラなのを、うがい薬と飲み薬に気合でライブを乗り切った事もあったのに、今回は・・・5月からこっち、ずーーーーーっと身体の調子が悪くて、延々と微熱、時々高熱。1ヶ月以上酷い咳が続いてて、仕事から帰ってパタンと逝って、休みの日は丸1日寝込んでて、という状態が7月半ばまで続いてたから本気でヤバかった。

間際までキャンセルを考えていたのに、いたのに。ホント素敵な友人たちに助けられました(:ω;)
夏場は毎回参加者が少ない上、今回は更にベース大不足~。私に死ねと?(笑)と笑いしか出ない状態。今年2月の《いつ誰》以降、全然スタジオ入ってなかったし、って不安よりも自宅からスタジオまでベースかついで行けるかなー、位っていうんでしょか。PCの前に座る事すら出来ない状態で寝込みながら、こういう時って誰も助けてくれないんだよなぁ・・・なんて悲しく思っていた所に・・・救世主!!
お腹の底から感謝って、こういう事なんだと思う。とホントにみんなの漢気に涙してますた。

こんなに不安だったのに、フタを開けたら大盛況♪今回はホント記憶に残るイベントとなりました。私の中で過去最高!!の素晴らしいイベントだ~(^^)出演バンドさんも今回「も」素晴らしいバンドの面々が・・・涙

1.g.g.g
2.Elastic Tone
3.Angel Kiss
4.Planet Dazzle2008

g.g.gさんは聖飢魔IIのコピバンさんで、熊谷で2回程ライブを拝見させて頂いて・・・今年の1月に拝見させて頂いた時にご縁を頂いたバンド様。もー、ともかく何か言う前に見てくれ、って感じの素晴らしく楽しいバンド様。あの実力でなり切られたら・・・楽しくない訳がないっすね。メンバーの皆さんもホント丁寧で素敵な方ばかり。11月にライブあるっていうので、是非是非お礼に伺わせて頂く予定。

Angel KissさんとPlanet Dazzleさんは共に今年で3回目の出演・・・本気でありがたいっす。
偶然にも両バンドさんとも今回は日本ネタ。Angel Kissさんは師匠のテラチンさんが・・・と、実は結構緊張してたんすね。師匠の前の出番だったし(笑)
王子様達は相変わらず美しく華麗♪・・・っていうのか、どうやったらあの若さと美しさが保てるのか、今度聞いてみたいっす。とついつい美貌に目が行ってしまうんすが、やっぱり違うんす、モノが♪師匠はやっぱりかっこいい。ともかくかっこいい。凄いベースっていうのはああいうベースの事言うんすね。私は好きなベーシストはいっぱいいるんすが、生演奏聴く機会のない方も多く・・・生演奏聴いた中でホントかっこいいっと衝撃受けたのが師匠とKさん。素晴らしいベーシストは多いんすが、モロ好みですた(笑)
Takaさんの歌は私も大好きなんすね。また歌に合った選曲が素晴らしい♪

そしてトリを取って頂いたPlanet Dazzleさん。これまた・・・今回は絶対に違う曲やると予想してたのに、してたのに・・・裏切られた(笑)
もちろん良い意味でっすが、まさかそっちをやるとは・・・でも、聴くとムチャ納得。CAPの歌もMCも、やっぱりプロなんすね。歌もギターも素晴らしい、って両刀な方はあまり見かけないっす。清水さんのギターはホントに・・・このブログでも何回も書いてるので、またかとなってしまうかもなんすが、ホントに凄い。こういうのが来るとHR好きは燃える、って絶対に分かって弾いてますだ。ともかく1回見て下されとしか言えない(笑)
こんなに素晴らしく楽しい演奏されて、最後まで耳に残ったのがロッケンロー。Takuoさん凄い。Miyamotoさんのベースとの絡みが最高。パワフルな上に楽しいドラムってなかなかいないっす。にしても、ドラマーさんってやかましい人が多い気がする、とは小さな声でしか言えないっすね(笑)

私のセトリ。

【セッション4曲】
・SKID ROW/Monkey Bussiness
・X-RAY/Come On
・DEAD END/Embryo Burning
・RAINBOW/Gate Of Babylon

今回ヘロヘロな私にこのセッション曲でこの共演者というのは凄く有り難かったっす。ドラムは関西でバリバリ活躍してるおしょうさんに一番長い事リズム隊組んでるRyuさん、HEEP組で一緒の杉さんと、何回もご一緒した事のある方ばかり。
ギターもGEMSのモータさんに何回もご一緒させて頂いてるよたさん、初めましてはいがさん1名。ボーカルは初めましての方が多かったけどリズム隊組みなれてさえいれば全然楽なんすね。こうやって私が楽しく弾けたのも、色々と助けてくれたGEMSのJUNさんのおかげっす・・・JUNさんの漢気はやっぱり演奏に出てるんすよね~。芯がバシッと♪

【Elastic Tone HEEP組】
1.Sunrise
2.Bird Of Play
3.Gypsy
4.July Morning
5.Easy Livin'
6.Look At Yourself

Vo.五十嵐“angie”久勝、G.PUNKY B.私 D.杉山雄一 Key.森藤晶司

こぉんな豪勢なメンバーに囲まれて、HEEPを演奏出来る日が来るとは・・・見て下さった方から「アクション映画を見てるみたい」「息を呑んだ」「凄い迫力」「ベースでかい」と絶賛(?)して頂いて、今までやったライブの中で1番嬉しかったかも。

杉さんのドラムはホントにバンドを引っ張る凄いドラムで・・・私なんかのベースだと気を抜くとズタズタに引っ張られちゃう。「ここは絶対譲れねぇぜ」位の気合がないと私は付いていけないっす(笑)
個人的に大好きなドラムなんすね~。叩くって言うよりも謳うドラムっていうのか、喋るドラムっていうのか。その上PUNKYさんのギターと言ったらもう・・・どうしたらギターがあんなに泣くんでしょって位の感情がどーんと出て来てムチャかっこいい。で、森藤さんの鍵盤。実は密かにファンです~っていうのか、今回特にSUNRISEの某箇所とJULYの鍵盤に泣きました。かっこいー。
これだけの強力メンバー(除:自分)の爆音の中で一番光るAngieさんの歌が、ともかく凄い。ともかくかっこいい。

こうやって書いてて、私はかっこいい以外の表現が出来ないのか、と自分で思う。出来ないんだよ(笑)
あのフレーズが、あの歌い方が、弾き方が、叩き方が、とかって私には全然重要じゃなくて・・・もちろん1つ1つの事には理由があるんだけど、んな事ずらずら書いたって仕方ない。

Gypsyの時、ドラムのペダルが外れたのかな。JULYのイントロで杉さんがイントロ伸ばして、の合図でとっさにイントロリフレインに変更で、それに合わせてPUNKYさんが雰囲気あるギターを弾いて、ペダル直してハットで合図、JULYの始まり~なんて事を1年ぶりのライブでリハ前日1回しか入ってないのにやっちゃうのは、このメンバーだからなんだろなー。

Eazyで大ポカやったのに、そういうのが全然気にならない・・・っていうのか、気にしろなんだけど、気にならない(笑)
HEEPを弾く時に、個人的に注意してる事があったりする。ドラムに乗っかった、ドラムとピッタリ合わせたベースを弾いてはいけないと・・・笑。ゲイリー・セインのベースって、ドラムとピッタリ合わせるとHEEPにならなくなっちゃう気がするんすね。独走しながら時々合わせる、って感じに一番気を遣ってたかも。転びそうで転ばない、微妙な加減は私にはまだまだ全然無理なんすが、気持ちと気合だけでも(笑)でも結局HEEPにはならないんすが・・・まぁ、そこはそれという事で。

この半年間、やっているバンドは動かずスタジオにも入らず、去年我が家の関西人が腎臓病で透析になったのもあって、何となくもうベース辞めろって事かなーとか思っていたのがウソの様。HEEPとセッションで生き返ってしまった。もうちょっと、限界まで走ってみたいなーと。

HEEP組のメンバーとステージに立った時に久しぶりに感じた事は・・・ステージから見る風景が違うって事。年に1回ライブのバンドなのに、スポットバンドっていうよりもしっかりメンバー(笑)
こんなに違うのかなって位、ステージからの景色が違ってて、久しぶりに何かを思い出した。
力的には私は全然及ばないにしても、何でこんなに・・・とフト気付いた。集まったメンバー、全員1曲入魂タイプだ・・・!!後先考えるよりも1曲に全部出し切っちゃうタイプって言ったら怒られるかな。AngieさんがこのメンバーでHEEPを、だったんすが、組み合わせがさすがというのか・・・似たタイプ集めたんだ、とやっと気付いた(笑)
私はHEEP組を密かに「全力投球組」と呼んでたりする。
[PR]
by yukali-k | 2008-09-05 02:57 | 2008年

2008.8.31(sun) 怒涛

c0005007_2331931.jpg久々・・・過ぎの更新(^_^;)
某SNS2ヶ所でも時々日記書いてたりするのでネタがなひ、から始まって引越しがあったりネット環境整わなかったり病人が出たり、この1年怒涛な1年。。。(o_ _)o
SNSもいいけど、たまには発信しっぱなし、言いたい事好きに書いちゃえ、ってやりたくなる(笑)

今年に入って18年一緒に暮らして来たもんきち(猫♂)が亡くなった。もう、かなりボケてたんだと思うんすね。あれだけ行儀のいい子が食欲魔人になってたし、トイレも良く外す様になってたし。引越しの際に落ち着くまで1ヶ月ホド人に預けていた時に「もんちゃんが全然食べないけど心配」という連絡を貰った時に、ホントは寿命だったのかもしれない。急遽迎えに行って新居に連れて来た直後、凄い食欲・・・で目が点ですた(笑)
普通、猫って新しい家に来ると家中確認して2~3日は落ち着かないもんすが、もんきちはさすがに悟っていた。新居に到着後部屋の中を一周して第一声が「メシ」と来た。もんきちは家に付く猫じゃなくて、人に付く猫だった。

かなり死臭というのか、人間で言う加齢臭の強烈な臭いがしてて、一緒に寝るのがキツかったけど、ずっと私の腕枕で寝るクセが付いてるから仕方ない。そう言いつつも、全然変わらず元気だったので、こんなに急に、とは思ってなかった。もっと予兆があれば大好物いっぱいあげたのに。いつも「長生きしてね」と言い聞かせてたから、頑張ってくれてたんだと思う。

c0005007_22585421.jpg4/1(火)の朝、仕事に行く時はいつもの様に玄関まで見送りに来て、仕事が終わって帰宅して、珍しく迎えに出て来なかったから寝てるのかと思って1人でご飯を食べてる時に「うにゃ」とコタツの下から声がした。いつも「何食べてるの?」とナーナーうるさいのに大人しいな?とは思っていた。食べ終わった頃コタツからモゾモゾ出て来た時には、もう足腰ガクガクになっててびっくり。多分私が帰って来たから、いつもみたいにお帰り~♪ってやろうと、歩けないのに頑張って30分もかけてコタツから這い出て来たんだと・・・

翌日2日(水)は私の仕事が定休日だったから1日付っきりで、我が家の関西人が透析から戻ってちょっとしてから息を引き取った。ちゃぁんと時期を見て逝ってくれたというのか、私が休みの日まで頑張って生きてたというのか。小さい頃から「最後は腕の中で死ぬんだぞ」と、これまた言い聞かせていたから分かってたんだろうなー。
すぐにペットの葬儀屋さんを探して電話を入れて・・・何時頃にします?と聞かれて、やっぱりすぐにと言えなかった。

明日のお昼頃お願いします。

と亡くなった1日はまだ一緒にいたかったから、お通夜代わりにずっとお線香焚いて、手型と足型取って。葬儀屋さんが来た時に、ちゃんとスーツで来てくれてびっくり。凄く丁寧に親切に・・・なんか凄く有り難いなーと。葬儀の仕方も色々とあって、共同墓地に入れるのと、お骨を持って来てくれるのと、個室の墓地に入れるのと。やっぱり一緒にいたいから、お骨にして持ってきて頂きました。
思ったよりも低価格だったのに、キレイな骨壷に入れて頂いて、シッポから順に納骨してくれて。人間と一緒。嬉しかったのは

「18歳の高齢猫ちゃんだと癌や病気にかかってて骨がモロい子が多いんですが・・・凄くきれいでしっかりした骨で、本当に老衰だったと思います」

って最後に言ってもらえた事。さすがだぜ、もんきち☆
焼いてもらってる最中、家で待機してたんすね。一緒に行ったら耐えられないと思って。でも待ってるだけでも結構くるんすよね・・・(^_^;)
って時に。私の恩人で音楽仲間でとっても大切な友人の某氏よりメールが。何も言ってないのにメールの最後に「元気ないようだけど元気出してね」と言う事が・・・不思議。事情を話したら軽い冗談と一緒にとっても温かいメールを頂いて、悲しい中気持ちがホンワカ。友人ってホント有り難いっす。

c0005007_2301333.jpg亡くなった後、しばらくはもうダメだったなー。でも多分、私が落ち着くまでの間、もんきちは家に居た。フトした時に白い影が通ったり、寝ボケてる時に白い毛の塊があったからなぜてたら・・・誰もいなかったり。トロ(猫♂3歳)がいたのかと思ってた。
生まれて2ヶ月で友人から「友人宅で仔猫生まれて、1匹売れ残っちゃって。貰い手なかったら保健所連れてくって言うから貰い手探してる」と連絡貰って我が家にやってきたのが平成2年2月。ペルシャのママと野良の日本猫の雑種で、ホント頭のいいヤツだった。それから18年、もんきちは幸せだったのかなー。。。私はもんきちと一緒に過ごせて幸せでした。私が逝ったらまた会えるかな(^^)

どっかにもんきちの最後を記念に書いておきたかった。ブログって・・・ちょっと有り難いなー(笑)
[PR]
by yukali-k | 2008-08-31 23:03 | 2008年